神は実在する

「神は実在する」前田孝師の本のタイトルです。師の想いを発信していきます。

大谷司完伝 ー門出ー

当時、家を出、村を出ると云うことは決死の覚悟がいるのでした。

景介は父親より生前贈与(財産分け)を受けます。それは、「茶碗」と「箸」でした。これは暗黙の内の教えであり「我が家には財産がないので、後はお前の甲斐性で生きていけ」と云う事だったのです。

これが大谷司完師の生活の原点であり、信仰の原点でもありました。

瑞霊神の教えとも受け取れるからなのです。

親や他人を頼りにしたり、あてにはせず眼に見えないが実在される神様を唯一たよりとして、自らの生活を心の働きとして与えられた、勇気、知恵、愛情、親しみの心を活用して生きていくこと。これをして、信仰は生きる道と説かれている処なのです。

既在の信仰観では、金や物の捻出は本来自らの努力でなすべきものを、それを唯、祈るだけの信仰と勘違いしてみたり、教団は信者にのみ頼り運営してみたり、それぞれ頼るものを勘違いしていたのでした。

宗教そのものを己が生活の為に利用するなどは、考え直さねばならんものなのです。

就職先は京都の川見商店、洋服商である。

京都での徒弟制度は何業種によらず厳しいものと伝えられています。村を出る時から大体の事を聞いていたので、そう苦痛ではなかったのでした。

修行はすべて新鮮であり興味深いものでした。商売のコツから、技術の習得、客との対応、お金の利殖法等々、店の内外を問わずあらゆるものを習って、早く一人前の仕事をこなし、出世の道を進みたいと必死に努力したのでした。

朝は早起きをし、運動をかねて神社参りが、仕事前の日課となっていた。自分と同じコースを神参りする人物がいました。お互い、より早く参拝を競うようになり、「あいつに負けてはいかん」と暗黙の内に意識しあっていました。

 

大谷司完伝 ー木之本町ー

分校での教育は5年生迄であった。従ってそれ以上に勉強するとなると、木之本町の本校に行かなければならず、親元を離れて生活しなければならなかった。

知人に頼み、神照寺と云う寺から通うことになった。

この寺には、奉職する兄弟弟子達がいて、そこそこのいじめがあった。

祖父からもらった幻灯機は当時大変珍しく、手にする事が出来ない為、すぐに兄弟子に取り上げられてしまった。景介は返してくれる様に何度も頼むが中々返してくれなかった。その事で大変悔しく残念に思っていると、その兄弟子は景介から逃げようとして走っている内に、野壺にはまって、全身臭い目にあわなければならぬ羽目になってしまった。

学校でも転校生に対してのいじめがあった。多勢よりいじめを受けている時、柴野幸二君より助けられることになる。寺から通う事や、寺内にもいじめのあることを知った幸二君は、自分の家に下宿を進めるのであった。

景介は幸二君の家に転居し、共に師範学校を目指す親友であった。

景介は、眼病によく効く地蔵尊の御札を持っていたが、ある時それを同級生に見られて、バカにされ御札を破られてしまった。その学友はその後、トラホームを患ってしまった。

やはり神仏は実在する。うかつな事を言ったり、神仏に対して失礼なことをしてはいけない事を事実を持って教えられていたのです。

景介はどうしても学校の先生になりたかったのです。学校の先生から「必ず合格する実力があるから進学させてほしい」と親に説得の働きがあったのですが、父親と長男から猛反対を受け断念するのです。

そして商人の道を選択するのです。

その後、柴野幸二君は郷里の学校の教員になりますが、若くして肺病で帰らぬ人となりました。奇しくもご神縁により霊界で再会し、救いの神に依りお救い戴く事になるのです。それは「天使の声」にも書かれています。

神に救われて行く人物は、現世に生まれて来て、その時の御恩返しの為に司完師に会い、御神業の為に尽力をおしまず活動奉仕すると申されています。

大谷司完伝 ー幼年期ー

景介は村の神社の境内でよく村の子供達と遊んだ。時には遊び過ぎて、家での決められた仕事を忘れることがあり、姉や母が代わってそれをしてくれていた。

景介の仕事は風呂の水を汲むことで、近くの川から汲んで来るのは、それなりの体力がいった。

ある日、友達と神社の境内で遊んでいると、社殿の傍で風呂敷包みを枕にして寝ている老人がいた。皆は怖がって、老人に近づく事をしなかったが、景介は臆することなく話かけた。

そしてその男の白髪を抜いてやろうと云って抜いたのであった。その男はお礼に手相を見てくれた。

老人は「坊は大きくなったらな、学校の先生か神主さんになるんやで」と教えてくれた。

家に帰り、神社で不思議な老人の話をすると、父は血相を変えて近隣の男達を集めて神社に向かった。その時代にも村の子供をかどわかす者がいて、村をあげて防止策を考えられていた時だったのです。

父親達が神社に行った時には、すでに老人は居らず、その後も村人達も一度もその姿を見る事がなかった。

しかしながら、この時の老人の助言が景介の脳裏に深く焼き付けられて、離れなかったのでした。

景介は3、4歳頃より夢を見ていたのです。目に赤や黒の色を塗りつけた、丁度芝居の暫らくに出てくる役者顔の夢を見て、怖くてよく夜泣きをしていたそうです。この夢も次代に来る景介の将来を示すものとして、次第にその内容が変化して行ったそうです。

霊覚は「夢」から始められるのが、正常な形であるとも語られているのです。

下校途中、ススキや木の枝の作る影が幽霊に思えて、怖かった様です。少し怖がりの処もあった様ですが、後々、霊や幽霊を嫌ほど見たりふれたりすることは、想像も出来なかったのでした。

母親は景介の人並みはずれた事を云ったりしていた事を不思議に感じて居られた様です。

例えば、おやつを事前に知っていたり、来客のある事等を前から知っていた様なのです。

又、日清戦争の勃発をも事前に知らされていた事を語られていたので、幼少の頃より、その能力の片鱗を覗かせて居られたのでした。

大谷司完伝 ー琵琶湖ー

琵琶湖の湖北に位置する一ッ島、竹生島は瑞霊三女神のおわします神島であると司完師は語られていました。

心の清らかな人達が参拝の為に島に向かわれるとその途中で、神様が喜んで居られると云う証として、迎えの雨が霧雨のごとくにして数分降ると云われています。

竹生島には「都久夫須麻神社」があり、浅井姫命を御祭神として祭られていますが、奥深き処には三女神のおわします神島となっています。

心の汚れた者がこの島を訪れると、にわかに湖面が波立って島への上陸を拒まれ、船が港の岸壁に付けることが出来なくなるそうです。

この竹生島の神様は、遠い昔より庄内の守護神と成られていて、時折竹生島の神管や僧侶達が庄内を訪れている。その時には村を上げての寄付や歓待をされていた事が、村の記録に残されています。

又、琵琶湖には太古ながらの龍神が守っていて、司完師を陰となり日向となって守護している事も話されていました。

司完師の誕生から、その人生の終焉に至るまで、この琵琶湖と琵琶湖の神々のご加護の中にその一生がありました。

大谷司完伝 ー誕生ー

司完師は、神都湖北に位置する伊香郡、庄村で明治26年1月3日誕生されました。父上は大谷常治、母上は大谷シデ、の次男(景介と命名、後に司完に改名される)に生まれたのでした。二人の姉、兄、弟がいました。

昔の大谷家は村でも有数の資産家であったのですが、次第に家が衰微し、常治さんの代になると、資産がなくなり、そのために一家が苦労されていたことを述べられていたのです。

両親の夫婦ゲンカの原因は、主としてこの様な事が元でされていたのでした。母親は夫婦ゲンカの末いつも景介を背に負って当家の里に帰ると云うのが常であったのでした。

母と共に数日当家で過ごした景介は必ず泣き出して「母ちゃん家に帰ろう」と泣いて母の云うことを聞かなかったそうです。あまり泣きじゃくる景介を見て母は仕方なく又、家に帰ると云うことで、幼心のままに景介は不思議と夫婦ゲンカの仲裁役をしていたそうです。

大谷司完伝 ーはじめにー

大谷司完師の84年その人生は、苦難多き人生であった様です。それは神の選ばれた使徒としてその使命達成の為に、神人となる多くの修練でありました。

大谷司完師を御用に使われた神様は、真実の神と申される国土之神様であり、5千年前に一度出現された神様と給わっています。

その御用の主盲とする真実を伝えると云う処から、人としての持ち易い名誉欲や慢心をしないように徹底した神様からの管理があり、その足跡も汚れない人生にする為、極力足跡を残さぬ様神意により消された人生であったと聞いています。

師は「もし私の事を語って下さるなら、その人に霊的な内容のものがないと、例え私の自然的(現世的)なものは語れても、霊的分野のことは語ることはできない」と言われました。

「私は始めであり終わりである」と申された司完師、そして太古の世より伝えられし仏説による「弥勒下生」キリスト教で云う{メシアの再来」とは一体何を指すのかも自然と解されて来るものなのです。

神界

・古い昔の神様でも、正神界の神々の主盲合わん神は、神力を発揮出来なくなっている。昔の神でも人気があって、人を集めている神もあるが、神力を発揮することが出来んのです。だから人の魂の救い等は難しい。

・神様でも売名的でしかも宣伝上手な神は、一見得をしている様でいて実際は損をしている。この様な神は大抵の処、力の無い神であって、新しい神界の動きにも振り落とされている。

・日本の高い山、深い山奥には山の神と云われる忍耐強い神が沢山居られる。それらの神々は自己宣伝もされず、そして人々が真実の道を求めて来られるのをジット待って居られるのです。これも数千年と云う長い年月のことであるから、神様のお住まいたる御社も、それこそボロボロとなっているのであるが、ひたすら忍耐をされて居られるのです。

・この度の新しい神界を、その神々様のご経綸では、これ等の神々様が立派となられて輝き出して居られるのです。

・ミロク様が、下生されて教えをされていると云うことは、遠い昔からミロク様のことを出現されるのを語られているがごとくである。