神は実在する

「神は実在する」前田孝師の本のタイトルです。師の想いを発信していきます。

大谷司完師説話集 ⑧

尊い中の広い教えによって、自分を律していかなければならぬ。

・物事を吾れ良し的に理解するから間違うのである。

・家庭が神を中心として団結しなければならぬ。

・この頃のお役人や一般にも宴会をして物事を決める事が多いが、これは餓鬼の霊が憑いてさせているので、何もかも食い潰してしまう時代になった。

・権威を一家から奪う考え方が国を亡ぼす。(戸主の立場をうやむやにしたこと)

・間違った教団には年限がある。

・葬式などの供え物の中に陶器やプラスチックで出来た食べれない果実などが供えてあるが、これは、大変失礼である。

・自分が間違った考え方によって、自分の幸福を破壊しているのである。

・不要な宗教は淘汰される。

・心の安心は神様の教え一本でいかなくてはならぬ。

・文化は人間に淋しい思いをさせる。

・神様以外で幸福になる事はない。

・幸福の源泉は神であると言うことを忘れてはならない。

・先祖代々、神の道に違反する事をやって来て居るから良いことが起きて来ない。

・今までの歴史は「臭いものには蓋をする」様な書き方で、その時代の人間のご都合主義で書かれたものが多い。

・神が表に出られると、目に見えんものの働きが激しくなって来て、今迄の吾がままなやり方は一済精算され、一済の偽善も認められなくなり、隠し事の出来ない世の中になる。これを光輝く世とも言って、又神の世とも言う。こう言う世の中になれば不正を嫌い、貧乏でも正直に生きて来た人は認められる世になる。

・今の世の中には、恥しらずの人間が多くなってきた。

・嘘はつけないし、教えは出来ないしと、もがきまくっているのが、今の教団の状態である。

・新しい神界を許されると一柱の神様でなく色々の尊い立派な神々が時処位に応じて、ものをいわいなさるから幅の広いものが出来るのである。

・『凡庸の道』をよく読み実行してもらっていると、『天使の声』がそろそろわかってくる。

・神様の御心と人間の心をまつり合わす事が信仰である。

・人間は早いか遅いか、一苦労しなければ、めぐりの借銭なしが出来ない。だからあまり苦労を嫌ってはいかん。

大谷司完師説話集 ⑦

・信仰は自分の運命を支配する。

・信仰は国民性の開発を第一とし、終わりは国教にまで行く教えでないといかん。

・自由とか何とか言っても、政治位は統制してもらわないと不安で仕方ない。自分の党ばかりが良いと主義主張している議員さんでは、良い政治は出来ぬ。

・日本人なら誰が聞いても良い教えであると言うものでなければ、善い教えとは言えぬ。

・筋の通らん信仰は迷信である。

・正しいことをよう言わんのは、信じておらんからである。

・教育とは物の良し悪しを見分ける力を言う、教育を受けても勇気がないので、善いことを言えぬ。

・世界が喜んでくれる様な国民性を養う為の教えでなくてはならぬ。

・神意に叶うと子孫は繁栄する。

・文化が進む程、人間が衰弱してくる。

・信仰で一番大切なことは、素直にものを聞く事である。

・信仰は芋洗いの如くぞ、人の中でもまれて白く綺麗になる。

・今日宗教改革が必要であるから、これは宗教嫌いの人がやる。

・世の中が複雑怪奇の時代になってきた。

・微妙なる神の配剤により世の中の立替之立直しをされている。

・これから如何なるものでも社会に責任感をもたねばならぬ。

・霊の元の国は神と一つになる方法さえ教えて置けば、教団等作らなくても行ける国柄である。

・心を清めて神が心の中に宿るよう祈る事を忘れてはならぬ。

・人に口先だけで教えるのではなく、自分が先に行って見せるのでなくてはならぬ。

大谷司完師説話集 ⑥

・神界を許されると御稜威がついてくる。

・人間の不幸は神からではなく、自分の考え方によって自分相応のものをつくっている。

・神様のおかげは、人間の決心どおりにお下げ下さるのである。

・正しい人生をつくる為の善い事は、断固として勇気を持って行わければならぬ。

・風邪を引くのは弱虫の霊がつくのである。

・人間についたら少しはしっかりするだろうと思って、頼ってくるのであるから、強い信念さえもてば弱虫の霊は、恐れてしまうから病気にならない。

・一家の中には誰か一人平和を破るものがおるのは、まだ新しい神界のことを十分勉強していない為である。

・自分の心が曇った時は、「惟神霊幸倍坐世(かんながらたまちはえませ)」で清めるとよい。

・片寄った心で人を見るのはいけない。

・聖者から愛される人になるとよい。

・いやらしい心には、いやな臭いがする。

・体も腐ると嫌な臭いがするが、心にも(霊)嫌な臭いがするので、葬式などにはこれをごまかす為に香をたくのである。

・心の迷いが肉体に移って来て病気となって来る。病気を治す一番の早道は、複雑な心を単純化することである。

・苦しい精神的非常事態に限って、ジッと神様は御覧になっているものである。

・人間は神に神習い精神的向上を計らなければならない。

・世を救う神様は皆下座して居られる。威張る神は世を救うことは出来ぬ。

・精神的に清まった人は目に光がある。

・神は因縁だけのことはさせてやると言われるが、良いおかげ程、後回しになる。

大谷司完師説話集 ⑤

・神様はその土地に生まれた教祖に合わせた方言を使われる。

・『天使の声』は司完師の御聖霊の神がお書きになった神書である。

・日本人は神を主体とした霊主体従であるべき国柄にすみながら体主体従になっている。

・今度の地上に神界をおつくりになるのは、地上大海原を御神約により御守護なきして居られる神素戔嗚男の命様で、霊の元の国ばかりではなく世界の救世主であらせられる。              以上の様なわけで此の度は、神世時代の産土の神が今度の御神業には一番先に御協力下さるのである。

・神様が地上にお現れになると、御稜威により日本の国は幸いを受けるのであるが、これからは筋の通らぬ正義感や、いばりや、われよしは、通らぬことになり誠一筋が通る世の中になる。

・この神界は、正しい霊の元の国の、清い精神を教えているのであるから、神第一主義で筋の通ったもので細かいことまで正しくなければならない。

明治維新天皇を立てぞこなったものである。

・神様や天皇の御心は住民全部の幸福を願って居られるのであるから、勝てば官軍ではいけない、負けても官軍があるのである。

・威張りちらかしている様な神や教えでは長続きしない。せいぜい百年ぐらいである。又複雑な神もだめで、素直で単純な神の教えでなければならない。

・地上神界が許されると神力が発現する。

・この道を国民の七割程度が理解できる様になると地上神界が現れて来る。

・それぞれのみたまの因縁により相応した、御用にお使い下されるが、命がけでやると新しい関係がつくられ、今迄の因縁以上の御用も出来る事になる。

大谷司完師説話集 ④

・霊界見聞のノート25冊の内、3冊程度が今の天使の声の書かれている。

・人間の修行がつらい、難しいので我も折れ素直になり、物事の体験が出来るので、ものになるのである。

・一苦労するところに立派な人間が出来るのである。

・せめて神様の使いものになる処まで、修行しなくてはならぬ。

・神様は長生きしたければ、食を細めよ、とおっしゃるのである。

・地方へお使いするとき者は、一家の奥さんの顔色を見て、その心を悟り、機転をきかすぐらいにならぬと、おぶなくて地方へ出せぬのである。

・人間が神を自由にしようと思うから間違うのである。

・物事を世間的に考えるか、神様の教えを基にして考えるかによって、立て替え建て直しの役どころがきまり、夫々つかわれている。

・立て替え、建て直しの外に、立て分けもされる。

・良い方に立て別けされ、神様に最後まで素直について来るものは、助けられる。最後とは一生と考えて居れば間違いない。

・人間はその持っている癖によって夫々さばかれている。例えば高慢は高慢のように欲深は欲深のように、シブチンはシブチンの様にバサッと引っ掛かってやられる。

・神様はおさばきにならないが、自らの心掛け行いによって裁かれるのである。神様は裁かれたら、神の資格がなくなるのである。

・先のことは今の今迄言われない。唯、一意専心やるだけである。

・知らん振りして知っていればよい。黙って実行すればよい。口によって今迄の人は、全部失敗している。

大谷司完師説話集 ③

・「神を力に教えを杖に」とある、杖とは、司完師のことである。

・勇気をふるって言いにくい事をいわなければ、人間は良くならぬ。

・権力や金力にこびへつらって居ては道を正しく守り通すことは出来ない。

・病気治しや、商売繁盛の神ではない。人間の心直しの神である。

・神力のない教団に参っても「めぐり」はとれない。

・指導者には責任の自覚が必要であるから、場合によって捨身的活躍が必要である。

・あこがれの信仰ではだめである、苦労に花を咲かせる道である。

・まざり気のない純真なものでないと、本当のものは出て来ない。

・命を捨てるところに救いがある。

・責任を以て筋道を立て貫くこと。

・人の犠牲になる事は神心である。

・自分をよく思われようとしなくても、時期がくると自分を売り出さなくてはならぬ時がある。

・宗教法人が格落ちして社団法人になり、精神的指導性を失って来ている。

・ニセ者裁きは共産党が上手である。

・今後如何なることでも自由神界の許しなくては、何事も成り立たぬ。

・正しい神を見つけ出す事を信仰という。

・人生を全うしようと思うならば、神を祈り尊いお力を頂くことである。

・信仰とは自分を立派にすることである。

大谷司完師説話集 ②

・ことしろ舎本部奉仕者は神様第一に奉仕の誠をつくさねばならぬ。

・一たび奉仕を志した以上は家族や家業に気をひかれて本務を忘れてはならぬ。

・勤務時間中はまごごろを以って一人三役を努めねばならぬ。 

・今は苦しいであろうが、何もかも神様がみそなわして居られるのであるから不平をいうてはならない。

・第一、第二の替え玉が用意してあるから、慢心してはならぬ。

・本部奉仕者は心を一つにして、御神業に添い奉るよう、必死の努力をしなければならぬ。

・ことしろ舎の教えだけではなく、立派な教えで御神意にかなえば、神様がその教えをお使いになり、日本人の精神を立て直しされるよう、今じっと御覧遊ばして居ますのであるから、この司完をはじめとして、ここの者が心一つにして、御神意にかない、今度の御用に使って頂けるようになれば末代までの光栄である。

・この道では自分の能力は自分でよく知って、とても努めあげることの出来ないと知ったならば、誠のお道を汚さない為にも、早く自ら陣を引くのが良い。

・地方に出た場合は高上がりをせず、知ったか振りをして霊界のこと等あまり話ではならぬ。

・地方の求道者にたいして、あまり迷惑のかからぬ様心掛け、礼儀正しく身を慎んで、他の模範とならねばならぬ。

・家庭内の色々困る事が起きるのは、一概にこうだと決め付ける事はできないが、色々の総合された、その家の先祖ぐるみの「めぐり」を何等かの形で肩代わりしていると思えば、気分がずっと楽になるものである。

・学問的で研究ずきの人は、天使の声をわかろうとして外の本を読みあさるので、益々わからなくなるのである。

・子供が手に合わなくなるのは、親が神様の教えを聞くだけで守らず、手にあわなくなった現れである。