神は実在する

「神は実在する」前田孝師の本のタイトルです。師の想いを発信していきます。

大谷司完 伝 ー支部時代から本部奉仕へー

瑞霊神と申される神様は、世界の宗教発生の元締めをされる神様であり、今度の御神業に就いても世界の元締の神の教え、即ち惟神の教えを立てて居られる神様であり、ことさら神の救いの道を立てられる唯一の神様なのです。

この神様は大谷司完師を育成されながら、又一方出口王仁三郎という人物を指導されていたのでした。

瑞霊神を点として一方を大谷司完、一方を出口王仁三郎の三点、三角形の教育を始められるのでした。

瑞霊神から出口王仁三郎氏への内流による指示、又瑞霊神より大谷司完師へ内流による指示、出口王仁三郎氏から大谷司完師による指示、と言う三角法が採用されての教育だったのでした。

それは神様からの内流を同時に二人の人物が知っていると言う事なのです。

霊界での学校教育を終えられた司完師は、現実界(現世)に於いてもその実際を応用経験する必要があったのでした。

ある一定の期間、その教育を神様は出口王仁三郎氏に内流で託されるのでした。無論、この事は司完師にも伝えられています。これも大変珍しい啓示の現れとなっている、前代見聞のことなのでした。

ある日、出口王仁三郎氏より大谷司完師に内流が送信されます。その内容は、「桜の花の咲く頃綾部に来い」と言うものだったと聞いています。

司完師はすぐに店をたたみ、天祐支部を村手栄三氏に譲り、家族に奉仕生活のことを告げて綾部に向かうのでした。

綾部では、出口聖師は来客中でした。話を終えられた時、司完師の方にと歩み来られて「貴方が大谷さんか。思ったより早く着いたな」と申されました。

その内心は「自分の送った内流による信号を上手に受け取って来よった。なかなかやりよるわい」と思って居られたのでした。

 

宣伝使として最高位の位を持って居られた王仁三郎氏の三女八重野の夫、出口宇知麿氏は、何故か信者の人気は司完師の方に寄っていたのをよく解っていてくやしく残念に思われていたのでした。

そこで父親の王仁三郎にそれを直訴し、親から司完師にたいして厳重な注意をしてもらおうとしたのですが、王仁三郎氏は、公正にものごとを見て居られて逆に息子の考え方をたしなめられたのです。

「お前も神様の事をよく勉強して話も大変上手なのだが、その内容とするものが所詮、学問からの発想であり、大谷さんの話すことは、全て霊的と言って霊界の真理、現状を元に対応された話をされているので、お前には到底太刀打ち出来ん相手である。だからあの様なお方とお前とは、最初から比較出来る相手ではないことを、よく知っておかんといかん」と人を見る観点が違っている事を言われたのでした。

この様な処が出口聖師の偉大さを見せられる処なのでした。

良いは良い、悪いは悪いで公平な判断をされ、あまつさえどこが違うはをハッキリ教えてあげると言うこと、まして我が子、他人の子の差別や教祖の家、信者の人等のエコヒイキなど一切なく、道の立場から人を見て居られると言う証をしめされたのでした。

大谷司完 伝 ー天祐支部時代ー

一人二人と人に親切にお世話をしている内に次第に家に集まる方が増えて来るのでした。自然発生の様に支部を設立せんといかん様になって来たのでした。

支部名を「天祐支部」と名付けられました。文字通り、天の祐けを受ける支部と言う意味です。

ある時漆喰屋の親方より依頼を受けました。その親方が言うに、そこのお家に出入りして聞いたそうなのですが、二人の小学生の男の子が居る家で、この兄弟が耳の病気になっていて、兄の耳を治すと次に弟が悪くなり、弟の耳を治すと兄の耳が悪くなるのです。その家の奥さんに頼まれて、家に何か災いがあるか、見てくれる人を紹介してほしいとのことでした。

そして司完師に頼まれたのでした。

その依頼を受けて訪問してみると、大変な豪邸で三代前から朝鮮で商売を成功された家でした。

屋敷全体の隅々まで、調査されたのですが、大したものは感じられなかったのでした。最後に広いお庭に面したお屋敷に面した来た処、急に眠気を催してきたので、その場でことわって仮眠することにしたのでした。

すると霊身は肉体を離れて、庭の中央に立っていたのです。庭の一ツ一ツ見ていると庭の角に古い井戸が掘られていて、その向かい側に何か動くものがあります。よくよく見ると黒味をおびた大蛇(3m程)だったのでした。その蛇は鎌首をあげてこちら見てペロペロと長い舌を出しているのです。

その舌の先から蛇の意思が言葉となって伝わってきます。

「ワシはこの家の数代前からこの家を守っている地神である。

水害や地震等のときも守って来ているのだが、この家の主達は一行に気付きよらんので、忠告の為に子供達に耳に病を起こさせて教えているのだが一ツも気がつかん。

貴方は話の解りそうな人なので言うが、ワシを神として祭って下されんか、そうすれば子供達の耳も治し。この家を以前より立派に守ってやる」

と言うのでここの家の主人に伝えると約束した。

そこで、奥さんに事の経緯を話すと「私はそんな迷信的なことは信じません」と聞く耳を持ちません。

「奥さんが出来ないと言うなら、私がお宮を買って霊物の言う通りにしてやりますから」と言うのですが信じないのです。

当時御主人は朝鮮に主張されていたので、主人が帰ってきてから返事をします。と言うことになりました。

主人が帰宅されて今度のことを奥さんが話すと「今の時代に迷信的なことは言うな」と一声で聞き入れなかったのでした。

その後いつまでたっても返事がないので、訪ねてみると門には木が✕字型に釘で打たれ、売り家になっていたのでした。

話によれば、ご主人が運転をあやまられて死亡してしまい。それからと言うものは、その家は不幸続きで屋敷を売りに出されたようでした。

司完師は、あの蛇やりおったな〜と、思われたようでした。

この様なことが日常霊的にあるのです。

大谷司完 伝 ー教団での修業ー

神様のお加護のもと霊界での修業を重ねている時、一人の日本人の先輩と霊界で出会われ、色々と親切にされたり助言をして下さる方がありました。お名前をお聞きすると「私は山口と言う者です」と答えられるのでした。実はこの方も瑞霊抻からの関接内流を受けられて修業されている方でありました。

ある時、「大正日日新聞」を見てみると、この方の写真が大きく載っていました。出口王仁三郎と言う方でしたが司完師には「山口」と語って居らてたのでした。その方は下座されて「出口」の出の山を一ツ取られて居られたのでした。

出口聖師と教団人から崇められる方は、早い時点から霊的に司完師の存在を知られていたのでした。

出口聖師との出会いは霊界と言う、異次元の世界にてすでに出会われていたのでした。

この方は日本の国にはなくてはならない大神人であったと語られていました。

当時の教団では、神霊の実在の為には、その認識を高めるために、鎮魂法(神憑りの方法)を実習されていました。

主に古神道で使われるもので、まず本人がシッカリした信仰観を持っていないと邪神、邪霊にやられてしまいます。

それを神判する指導者も霊的なものでないと対応できない。霊的知識をそなえていないで神判を間違うと、邪霊に振り回される羽目になってしまいます。

この教団は途中から、鎮魂法は禁止されることになるのです。

司完師は、この道を開かれる最初から、神憑りによる霊通の方法は採用されませんでした。

あくまでも日常生活の中から、正しい道を理解して「正法に不思議なし」で常識的に勧められる修業をされているのです。

大谷司完 伝 ー霊界日記ー

神様は霊界で見せられた事、神様から直接受けられた神論、霊界の学校で習う事、神様からの霊的使命を持たされてその使命を遂行させられたこと等、一ツ一ツ漏らさず記録しておく様に任務をかせられていたのです。これを怠っていると厳しく叱られたのでした。

霊界日記の資料は大学ノート15冊分とメモ帳状のものが約20冊あったそうです。要点のみを簡単に記録する様にされていて、大切な秘義にかんすることについては、相応の理(神界共通の意思伝達法)により書かれていて、秘密護持が図られていたのでした。

最も大切な事は精霊に伝えられているので、当時の霊界の見聞はどのようなものであったのか、記憶を再現したいと思われたら神様にお祈りし、その時のヒントに基づき再現される様意思を集中させると、映画の一コマを見るがごとく再現されて来て、文章を作成されていたのでした。

この霊界日記の重要性を知っていた友人の出口日出麿氏は、これをなんとか見たいと司完師の留守をねらって家に上がり、探したが発見されなかったそうでした。

家を出掛けられる時(出張時等)は日記を持って出て居られたのでした。

地方での講話等で霊界に関する質問を受けられた時には、その霊界日記を鞄から出されて答えて居られたと言う事も伝えられています。

まことのお道の伝達を言う事には、間違った事は言ってはいけないので、司完師の生真面目な性格もともなって当時のお道の伝達がどの様にされていたのかが想像されるのです。

大谷司完 伝 ー2度目からの霊界見聞ー

2度目に呼び出された時は、すでに神人のお住まいの垣根の側に立っていました。門戸を開けて家の中に入ると、神人は座敷机に座っておられ、前に座る様に申されて、神人からの直接の教育が始められるのでした。

最も大切なこととされるのは、媒介する天使や天人からの仲介による間接指導ではなく、神人(瑞霊神)から精霊に対して直接指導及び育成、道の継承をされたと言うことなのです。

この様な伝承は過去数千年の歴史の中にも、見られない事なのです。

ここに司完師の伝えられしお道の特性があるのです。(これを直接内流と云う)

それ迄の道開きと言うものの全てが、神懸かりや中間に媒介する天使に媒介する天使よりの間接的な中継ぎによるもので、真実性に欠けるものがありました。

『天使の声』には「それより私は、就寝中に時々神人のお側へ精霊として引き寄せられることになりました。

永い間、見聞した事や教えられた事を記録(要点のみ)に止めていたのです。

この修行道を称して、見真実行と言うのである。

人知れず過去36年間の修行を神界より命ぜられて居たのであった。

この間信仰的にも又生活面にも幾多の試練や変還苦悩も多かりしが、陰より尊き神の御加護があったればこそと、ひたすら感謝しおる次第である」と御神徳による啓示そのものであったことを語られているのです。

大谷司完 伝 ー霊界見聞についてー

神様は霊界見聞していることを誰にも言ってはならん、妻であっても神が許す迄は言ってはならんと申されました。どうしても語らなければならん様なら時は「夢」と語る様に申されました。

夫婦の蒲団も離して寝る様に神様はもうされていたのでした。司完師の精霊が肉体を離れて霊界で活動中に、もし誰かが司完師の肉体にふれると精霊は霊界見聞中であってもすぐに肉体に戻って来なくてはならないからです。

霊が肉体から抜け出すと、肉体はゴム人間になったかの如く、くにゃん、くにゃんとなってしまうのでした。霊界の見聞を終えて戻って来られると、自分の身体であってそうでない様な何かぎこち無い状態となるので、その時は水を飲むと水が潤滑油の役目をして、霊が元の肉体にスッキリと戻るのでした。

お風呂は常に使える状態に設定もされていました。霊に憑かれた時等大変取りやすいと申されていました。

又マッサージをしてもらうと取り易い様です。

基本的な考えとして、たとへ霊に憑かれようとも、三日と置かんと言う信念力を養っておられ、実践されていたのです。

司完師の身体には、あらゆる種類の神々をも懸かり易い様に、神様から養成されていたのでした。伊都能売の神をはじめ瑞霊神、厳霊神、大国主之神、事代主之神、教団の教祖の神等、色々の神々が来られ語られていたのでした。

霊的な仕事をしたいと思う人ならば、肉体が硬く筋肉質の人ではまず難しいから、身体のどこをさわっても柔らかい体質の人が向いてると言われています。

 

大谷司完 伝 ー霊界見聞ー

1921年大正10年3月3日、27歳の時の夜明け前に、不思議な霊人が寝て居る私を呼び起こすので、思わず返事をしてそのお方を見ると羽織袴の和正装のお姿であった。

私も早速身支度をなしその方と共に家の外に出てみたのであった。するとその方は無言の儘で先に立って歩かれるので、私も後よりついて行ったのでした。

京都の将軍塚の方へとお山を登って行かれるので、逸れてはならじと後より一心になってついて行ったのであった。

余程登ったかと思うころ、ふと立ち止まられて側にあった木の根に腰を掛けてひとまず休息をなされたので、私もその側いしゃがんだのである。

すると私の方を見て「草臥れたか」と仰せられたので「然程にもありません」とお答えすると、それから何かと気軽にお話をされたのであって、然もそのお言葉が私の悩んでいる心の中までまるで見透かしたようにして諄々と諭してくだされるので、一句一句が私の魂に浸み込むが如くであり、嬉しく感じられるのであった。

「人間は誰でも修業の為にこの世に生まれて来たのであるから、如何にように苦しい事があってもこれから先は決して自殺の事などを考えてはなりませんぞ」と語尾に力を込めて仰せられた時には、私は脳に針を打たれた如くとなり、思わずそのお方の御顔を眺めたのであった。

又言葉静かに申されたのである。「誰でもと言う訳でも無いが、特に貴方には因縁に依って神より修業をさせられていたのであるからさぞ苦労も多かったことであろうし、又何事も思う様に運ばなかったので随分苦しんだ事であろうと思われる。然しこれには深い訳があり、すべて神が貴方の気心を試されていたのであるから、これから先は、さほど心配しなくても宜しい」と聞かされたので、取り敢えず有難う御座いますとお礼を申し上げたものの、そのお言葉の意味がはっきりと呑み込めずに居たのであった。

すると何かに気付かれた様な態度をなされて私を見て「もう時間が来たからお帰りなさい」と申されるや姿をお隠しなされたと同時に、私の身体が高い処から振り落とされた様な気持ちとなって、元に戻されてしまったのであった。

それから暫くの間は何となく身体全体が借り物の様でぎこちない感じが取れなかったのである。

以上の如く夢とも現実とも判別の付かぬ不思議な現象が起こってからは、私の生活に於ける心境も変わり、昼は家業を真剣に働き夜ともなれば暇あるごとに神書に親しみ、神仏の御教えに対してなるべく疑わない様に致して、日常を励んで居たのであった。

この事がきっかけとなって、司完師の霊界の見聞が始められる様になったのです。