神は実在する

「神は実在する」前田孝師の本のタイトルです。師の想いを発信していきます。

三冊の神書

1.『天使の声』

大谷先生の霊界見聞は大正10年3月3日からはじまり、以後36年間その都度大学ノート25冊に記録保存してこられましたが、神のお許しになる範囲のみを昭和32年に『天使の声』として公開されました。

『天使の声』とは「神の声」です。

神霊の実在と人間死後の世界(霊界)の有様を明らかにし、もって世人に霊的知識を普及せんとの切なる願いが込められています。

要は、「各人の心の持ち方次第で不幸にも幸福にもなれる。」ということですが、それを真に理解し、実行してる人は非常に少ないのだそうです。

本書に述べられている事が理解されて来ると、人生が楽しくて仕方がなくなると伺っております。

また、先生は指導の天使から、これ(霊界見聞)をもって宗教組織や宗教団体を作るなどといったことは厳に戒められておられます。

「なによりも宗教と教育の刷新こそが急務である」と仰っておられました。

 

2.『凡庸の道』

ある日、神様が大谷先生に、「それを見れば別に何処に行かなくても、信仰の目的を達成出来るように、今までお前に教えたことを出すがよい」と仰ったので『凡庸の道』を出版したと伺いました。

『天使の声』が神の大乗的教えとするならば、『凡庸の道』は小乗的な教えです。

道を求めるものにとってはまさに天授の甘露とも言うべき貴重な教えの書です。

 

3.『続凡庸の道』

本書について大谷先生は、

「『天使の声』が霊界の探求記ならば、『凡庸の道』は信仰の栞である。少しでもまことの神様の教えの奥義に触れてもらえるように、『続凡庸の道』を書いた」と仰っておられました。

 

なお、三冊の神書は一般書店では入手出来ません。

拝読希望の方は、大津市音羽台の「ことしろ舎」へお問い合わせ下さい。